JIGEN3の斜に構えた日々-。 

カテゴリ:「 VANVAN200 」 の記事一覧



vanvan200 ラスト・ラン

2012.8.26

昨日(土曜日)は会社のお祭りでした。
一般の方も参加できるので、のべ数千人に達する大盛況。

午後からずーっと、たこ焼きをあげてたので・・・、夢に出てきた(笑


日曜日の今日、朝から快晴!

「ちょっとたこ焼きでも食いにいくか。(嘘」 と、
VANVAN200で走りに行ってきました。

P1010880.jpg


実は今日の夜、バイク王さんに見積もりに来てもらうのです。
自分的には、引き取ってもらう前提で。


刺さるような日差し。
風はないけど、台風の影響か? 波が高い!

時折飛んでくる潮スプラッシュが気持ちいい!
マシンにとっては最悪なんですけどね。

P1010871.jpg


このバイクでここを走るのも最後、と思いつつ、 
トコトコと心地よい振動が名残惜しいです。

P1010883.jpg



帰ってから最後の洗車、ETCなどのパーツを外して待つ。

夜8時、 査定士が到着。
今日の査定は僕が最後で、トラックにはすでにドナされてきたバイクが3台載っていた。


「こんな時間まで大変ですね・・・」

若いけど物腰の柔らかいお兄ぃさんと、世間話をしながら査定は進み。

最近はスマホのアプリ?で査定項目にチェックして、写真を撮ってセンターに送るらしい。、

いつ、どこで買って、カスタムした内容、ちょっと気になっている箇所など。
全て正直に伝えました。

査定は一種の交渉ではあるけれど、技術屋として向き合う態度に嘘はつけないのでね。

金額の提示、価格交渉、売買契約書にサイン・・・この時点で僕のモノでなくなった。

P1010899.jpg


実は、「ぜひ売って欲しい」という人が数人いて、
昨晩も実車を見てもらったのですが、結局、売るのをやめました。

カスタム(特に電気系)を理解して、自分で何とかできるかどうか?
後腐れなく手放したい、そう思ったからです。

P1010900.jpg


トラックが去ったあと、
駐車場に一台分の空きスペースと、
手元には予想より多めの現金が残った。

IMG_2466.jpg

丁度4年、今までありがとうね。

いろんな場所に行って、カスタムも(トラブルも?)楽しんだVANVAN200だった。
燃費は常に36~40km/Lをキープ、税金も保険も本当に維持費のかからないバイクだった。


【裏話】

契約の最中、冷コーシーを飲みながらいろんな話をしましたよ。

・中古バイクは基本的にレストアして国内販売、輸出はしないとか。
 (アジアや南米、ロシアに輸出してんのかと思った)

・警察の盗難車両システムと連携してて、査定でたまーに盗難車を発見し警察に通報するとか。
 (通報義務があり通報30分以内に警察がきて、ちょっとした修羅場らしい)

・陸運局や役所は盗難チェックシステムと連携してないから盗難車でも登録できるんだとか
 (悪しき縦割り行政)

・錆の進行したバイクは査定額がぐんと落ちるとか。
 (錆とり&シリコン処理しといて良かった)

・最高査定価格はほぼ新車だとか
 (過去に一台だけ、走行1kmの新車バイクがあったらしい)

その他、いろいろ・・・(笑

スポンサーサイト

Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

塩との戦い

先日の台風は静岡直撃、その前後もかなりのシケだった・・。

海に近いから覚悟はしているが、塩分含んだシケが容赦なく飛んできます。

そうです、 「錆」 との戦い。(笑

塩はアルミはもちろん、ステンレスも容赦なく錆びさせます。
付着したまま放置すると腐食がどんどん進行してヤバイことに。


今日は朝からバイクの錆び取り。
エンジン周りはこれまでの不養生があってか、結構キテました。

頑張った甲斐あってマシにはなったけど・・・なかなかシンドイ。

P1010461.jpg


バイクカバーをかけてはいるが、ホイールリムやボルト類はひどく錆びてるなぁ。
100%はとりきれないけど、せめてシリコンスプレーたっぷり吹きかけて防御!

P1010471.jpg


汗をかきかき、半日以上。
日ごろの運動不足も解消(←たいした運動じゃないけど


掃除しながら、

「そういえばこのバイク、EGとサス以外は全部手入れたよなぁ。」

「あっちもこっちも行ったよなぁ」

走行距離も購入してから2万km超えた。


17歳で免許とって、今まで何台も乗ってきた中では最も距離乗って、最も手をかけてるバイク。



このバイクの「コロリン」としたデザインは結構好きです。

P1010467.jpg


今はほとんど乗ってない自転車、塩でかなりやられてました。
でも間に合った。今日のところはピカピカ。

P1010463.jpg


んで、綺麗になったバイクで・・・海に行ってきた(爆

し、塩が・・・。

P1010484.jpg



今日、掃除しててフロントフォークのシールヒビ、リヤショックダンパーの抜け、更にEGヘッドからのオイルにじみを見つけてしまった。

中古で購入してからもうすぐ4年。

ここには自分でO/Hする場所も工具もない。


P1010493.jpg



ショップに頼んで全部再生するか、さて、どうするかな。


Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 2 comments  0 trackback

TRIUMPH BONNNEVILLE を試乗

先週に引き続き、バイクの試乗に行ってきた。

場所はここ「トライアンフ三島

IMG_2200.jpg


試乗させて頂いたのは、この店舗の「特選中古車」に紹介されているオレンジのボンネビルSE
「走行距離1km」って書いてますが、今日、オラが乗ったので5kmになりました。(笑

おろしたてのピッカピカ☆
ちょ~新車なんで、4000rpm以上回さないないよう気をつけつつ、直線路と緩いカーブ道を約5分。

IMG_2202.jpg


さて、乗った感想。
一言でいうと ス・バ・ラ・シ・イ☆
アクセルの追従性、ブレーキのフィール、コーナーの倒れ具合・・噂通りの乗り易さ。
865ccの空冷DOHCバーチカルツインエンジンはジェントルな鼓動を響かせながら、それでもアクセルを軽くひねるとどの速度域からでも引っ張ってくれます。

カタログスペックだと、
車重:225kg
トルク:68N・m @5800rpm
馬力 :68ps(50kw) @7500rpm とのことで、ちょうどいい具合。

細身のシート、コンパクトなツインエンジンのおかげで街中でのすり抜けも簡単。
都会でもローカルな場所でもしっくりくるデザイン。

IMG_2204.jpg

正直、この手のオールドルックバイクは
「もっさりしててフットワークが悪いんだろう。」そういう偏見があった。
が、今回見事にぶち破られました。


こちらのSEは17インチアロイホイール+チューブレスタイヤを装備。
上級グレードのT100はフロント19インチスポークホイール、店内のT100にまたがせてもらったが、シート高が少し上がり腰高になる印象。SEのほうが個人的には好きかな。

IMG_2203.jpg


ああ、衝動が・・・ヤバイ。

IMG_2211.jpg

持ち帰ったカタログを見ながらもう少し検討してみる。
若かりし頃なら、その場でハンコついてたかも知れない。


帰路、朝から何も食べてないことに気づいたが、それほどお腹も空いてないので
沼津でふらっと寄ったCAFE「シェ ワタナベ」で休憩。

IMG_2212.jpg

お店に入ったら、愛想の良いお姉ちゃんに「ランチですか?」と聞かれ 
「いや、甘いものを食べにきた。」と言ったら笑われた。

IMG_2208.jpg

カシスのケーキとホットをオーダー。
たまたま見つけて入ったけど、なかなかゆったりした雰囲気、味もよろし。

店内はお姉ぃちゃんを口説きに来た?野郎共、
純粋にスイーツを食べにきた女性数人、
甘いものを食べにきたオサーン一人・・・という構図。

会計の時、「沼津宮前本店がリニューアルオープンしたんですけど・・・」って、お店の紹介をされました。申し訳なさそうに(笑

ハイハイ、おフランス料理ね。
一人で行きますよ、単身の身ですからー。




Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

西伊豆プチツー

小春日和(こはるびより)とは、春の天気ではありません。

晩秋から初冬にかけて、移動性高気圧に覆われた時など の穏やかで暖かい天候のことである。
-Wikipediaより

マジで知らんかったとです。

ええぃ、もう。
ややこしいから、「春のような日」にしてしまえ。
そんなポカポカ陽気な日、西伊豆へふらりとプチツーリング

IMG_2101.jpg

大瀬崎 ←画像が綺麗なので「海に咲く宿 山さくら」さんのHP拝借

ここは伊豆半島側から海を挟んで真正面に富士山を見れる絶好の場所。

写真では伝えきれない・・・なんとも荘厳な風景。

またいい場所を見つけてしまった。 

IMG_2108.jpg

でもこの日は風がやたら強くて、時折立っていられないぐらいの突風が。

浜でおにぎりを食べてると、一口頬張った直後にビューっと突風で飛ばされ・・・ショック!
手に持ってたおにぎりをトンビにさらわれそうになったことはあるが、まさか風で飛ばされるとは。
これぞ自然の驚異(笑

でも、その風のおかげで珍しい景色を見れました。
海の波立ったしぶきが風で舞い散って虹のようになり、海面がオーロラのように見える現象。
これは初めて見ました。


日が暮れると気温がぐっと落ちるので、早めに帰路へ

夕日をバックに
IMG_2119.jpg

西伊豆、道がくねくねで車だとちょっとつらいのですが、バイクだと丁度いい感じ。

海沿いの道、山道と結構楽しめます。


その西伊豆の漁港近く。

IMG_2118.jpg

海猫の泣く声、釣り人、日焼けした漁師、潮の香り・・・。

車だったらただ通り過ぎるだけ。

バイクだからこそ感じる漁港特有の空気感が結構好きだったりする。





Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

見栄のナナハン、エゴのセン

今日は朝から快晴。

バイク日和・・・と言いたいが風がやたら強い。

そんな飛ばされそうな日に試乗に行く馬鹿モンが一人・・・。

今年こそは大型のツアラーバイクが欲しいなと。

条件は
・高速や少々の雨でもOKなウインドシールド(スクリーン)付き
・ポジション(姿勢)がきつくない
・普段の足にも使えそうな取り回し
・静かで燃費が良い
・今風なデザイン(笑




ということで、条件にハマリそうな以下の2台を試乗してきた。

■KAWASAKI Ninja1000 ABS

 1043cc水冷並列4気筒DOHC4バルブ
 231kg、軸間1445mm、無鉛プレミアムガソリン
 定価:1,302,000¥(税込み)

 1000ccとは思えないコンパクトさ
 ポジションやや前傾
 ブレーキのタッチ(特にリア)に少し慣れが必要。
 アクセルの遊びが多い
 渋滞路で低速ギヤのつながりがややギクシャク感
 コーナーでの倒しこみがなんとなく不安、腰高?
 メーター視認性よし
 タンデムシートが小さい
 スクリーン角度が3段可変





■YAMAHA FAZER1 (1000cc)

 998cc水冷直列4気筒DOHC5バルブ
 225kg、軸間1460mm、レギュラーガソリン 
 定価:1,050,000¥(税込み)

 中型バイク並みのサイズ
 軽い、路面段差の乗り越えがスムース
 静かなエンジン、軽いクラッチ
 わかりやすいブレーキフィール
 渋滞路での1-3低速ギヤのつながりが良い
 メーター見やすい
 小物入れが少ない、タンデムバーがつかみやすい



今回の軍配は、FAZER1の完全勝利!

乗り出した直後からの感じが心地よい。ただそれだけ。
   
いずれのマシンも6000rpm越えた当りから強烈な加速。
体が置いていかれると言うより、まわりの風景がシュワーっと消えていく感じ。
まるでワープしていく時のように・・・。

試乗コースは街中の約10分コースでいずれも渋滞・・・。

広い大地でもないニッポン、パワーに余裕がありすぎて持て余すだけ。

なんでわざわざ1000ccなんかに乗るんだい??(笑

というわけで、800ccクラスを物色してみようかと思った次第。



Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

A day in autumn

すがすがしい秋の空

上空の飛行機が帯を引いて気持ちよさそう。 (iphone4のZOOM最大)



IMG_1619.jpg
(あぁ、遠くに行きてぇw)


こうも毎日すがすがしい朝が続いちゃったりすると・・・・。


今日は出勤の時から、「遠回りして帰る」って決めていた。

っていう日に限って忙しい...(;一ω一)

でも、日が暮れると急に落ち込む気温の中、トコトコビューんと

IMG_1145.jpg


小一時間で寒さに耐え切れなくなり、

というか、

もうこのへんでお茶して帰ろう って商売上手な距離にあるスタバへ。

IMG_1622.jpg


ここはいつ来ても”そこそこ”空いているから好きだ。

今日はチャイを初オーダー。 

IMG_1623.jpg



ミルクをお好みでちょこっと追加し、

ややスパイシーHOTな飲み口が冷えた時期に合う。

オススメです。



そうそう、

今日は先日買ったばかりのバイク用シューズデビューでした。

elf synthese12

IMG_1624.jpg


バイク用だけどバイク降りても街中で使えそうなものをと

口コミ評価が良かったのと、デザインがまぁまぁ好みだったので。

くるぶしが保護されてる感があるけど、歩き回るには硬い。

まぁ、、、こんなもんか。( ̄m ̄〃)




それにしても、夜の道は体感温度10℃+ぐらいで、

まともに風を受けつつ 「クゥー」 っていいながら走る。

んで、お家でお風呂に浸かった瞬間の生き返る感が大好きなマゾです。


さあさて、今シーズン、紅葉の京都めぐりとか。

あと何回履くんかな・・・。




Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

バイク ジムカーナ

近くの教習所でお盆恒例の

2輪ジムカーナを見学してきた。


低速全開のタイムアタック。






華奢なおねぃさんがCB1100をガリガリ寝かして曲がってたり、

ややメタボなお兄ちゃんがヒラヒラとスラロームを・・・蝶??



参加者のバイクを観察すると、

ハンドルバーエンド、エンジンガード、ステップのバンクセンサーが全てガリガリ君で

どんだけ練習してコケまくってるのかが判ります。


「フロントブレーキ抜くタイミング間違えた」 とか、

ストイックな会話がなんかかっこいい。


自分がどんだけ使い切ってないかがなんだか恥ずかしい。


地味だけど、神は細かい所に宿る と。



Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

VANVAN200にリヤキャリア

MY ラブリー ちびコロバイク

VANVAN200に、リアキャリアをつけました。

IMG_1057_1.jpg

あえて荷台の小さい純正オプションのキャリアを選んだんだけど、

う・・Σ( ̄□ ̄)!

実用2輪の代表格、「スーパーカブ」が頭をよぎる・・・。



ちょっと離れて見る。


ま、まぁ許容範囲か。


IMG_1055_1.jpg


そんなキャリアに、テントとシュラフをのっけ盛り。


IMG_1060_1.jpg


うん、大きめのバックパック背負っても、これなら大丈夫そうだな。

そうです。キャンプツーに行くんです。


GWは、遠く異国の地を旅しようと思ってたんですが、

「え? 一人でいくの...(;一ω一)?」攻撃にあってしまい

あえなく・・・撃沈。


そこで、四国大陸に予定を変更 …(´・_ゝ`)プッ!


こーんな感じで、四国の4つ角にあるキャンプ場を回ってみようと思いまつ。




大きな地図で見る



昨年のGWは茅ヶ崎、

秋には山陰ぐるっとツー

なんだかんだで遠出してるんだよなぁ。



カスタムメインで買ったこのチビころバイクだけど、

こんなにあちこち出かけることになろうとは。



バビューンと トコトコ、ちんたら  

独りで自由に旅するのもいいもんだ。


「え? 独りで...(;一ω一)?」








Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

冬眠充電VANVAN200

My lovely motorcycle ! 

[VANVAN200]
ぶらっと近くの琵琶湖湖岸道路、大津近辺にて。

biwakovanvan.jpg

バイクに乗っている、カスタムしているっていうだけで
「ワル(不良)」って思われるのが心外で。

バンバン、いや、ちんたら静かに走るのが好きなJIGEN3です。

ていうか、かなり頑張っても遅いです(笑
なんせ排気量200ccしかありませんから。
給食の牛乳ぐらいの排気量・・・って例えが何だか恥ずかしい。

でも燃費は40Km/L近いんですのヨ、オホホホ。


ほぼノーマルで中古で買ってから自分好みにちょいちょいカスタムして、気がついたらエンジン以外は手を入れてた。

駐車場でまったりしてたらよく話しかけられるんです。

「なんてバイクですか? 外車ですか?」

「そうです。」

って言いたいところを我慢して、


「鈴木・・・です。」



そんな超日本人なイチロー君(単気筒)は、オーナーが寒がりのためただいま冬眠中。

乗らない間は放電防止のためバッテリーを取り外す

・・・の忘れてた。

急に寒くなったから今まで放置してた(>_<)

先日やっと外しました(* ̄▽ ̄)


約3ヶ月近く放置してたのに、電圧計ったら13V。

充電の必要全くなしの余裕のヨっちゃん(←ふるぅ~)

IMG_0553.jpg

キャブレターのGASも抜いたし。
錆の出やすい部分にCRCを吹き付けて、もう少し冬眠してもらう。


もう1月も終わろうとしている今日、
雪がハラハラ降ってきて ちょ~寒い!


ツーリングできるする気になるのは4月頃かな?


去年ふらっとツーで行った、敦賀の桜は立派だった。


resize0178.jpg

今年も見に行きたいなぁ。




Category : VANVAN200
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。