JIGEN3の斜に構えた日々-。 


サムイ島でダイビング&バイクツーリング


旅行記は → こちら 


勤続◯年のリフレッシュ休暇にて、オクサーンと旅をした。
旅行「その1」として、サムイ島に行ってきた。

IMG_7918samui3.jpg


タイのリゾートといえばプーケットが有名。
サムイ島は日本人にはあまり知られていない。

IMG_7720samui1.jpg


8月:早々と予約
10月:プミポン国王が亡くなる
12月末:乾季だがタイ南部が洪水でえらいことになってるニュースがw

IMG_8006samui5.jpg

サムイ島に行くまで若干不安だった。
暴動が起きた時、「おーいお前たち~、そろそろやめなさ~い」って、いう人が居なくなった。
情勢が心配だった。 
黒い服を用意していったが、全く出番もなく。
12月中頃からの連続雨でお正月は道が冠水してボートで移動してたそうな。
幸いにも僕らが行ったときには道はほぼ乾いており、久々に太陽が出た。とのこと。
日頃の行いが良すぎるんだろう(笑


【タスク】
この島でやりたい事は以下の4つ
1:本場のココナッツカレーを食う
2:ダイビング
3:バイクでツーリング
4:オンtheビーチのバンガローでのんびり

IMG_7859samui.jpg

IMG_7907samui6.jpg





生まれて初めてタイ王国に入国、ロコな雰囲気を満喫してきた。
トラブルもなく、とても充実した楽しい旅だった。



【費用】
・航空機1人分:¥60,200(空港税、サーチャージ込み)
・ホテル :¥53,300(4泊、税込み)
・ダイビング:¥23,100(7700バーツ)
・バイクレンタル:¥1,200(1台200バーツ/24Hr×2回)
・ガソリン:¥270(40+50バーツ)
・空港~ホテル:¥780(ミニバス130バーツ×2名)
・ホテル~空港:¥1,300(タクシー400バーツ+TIP)
・ご飯、お土産、ホテルやタクシーのTIPなど:約¥16,000
______________________

1名のTOTAL:¥108,200

(現地で両替したのは2万1千円のみ)

IMG_7791samui2.jpg


【メモ】
地元の人の足はバイク。
スクーターは安く簡単に借りれる。
この機動性を発揮してスーパーや市場へ行き、
そこで必要なものを買い、ご飯はナイトマーケットで。
旅を満喫するには郷に従え、っていうチープトリップ。

プランニングして自己責任で楽しむ旅のスタイルは、
リスクもあるが思い出に残るものになる。



スポンサーサイト

Posted by JIGEN 3 on  | 5 comments  0 trackback

5 Comments

kaname says...""
私も16日までタイはパタヤに行ってたのです♬島や町で原付借りてウロウロしてきました(#^^#)日本人もほとんどおらずなんとなく似たような旅で嬉しくなっちゃいました!1㎏100バーツのマンゴー❤私もホテルで食べましたよ~~!暖かい国はいいですねv-238
2017.01.18 23:06 | URL | #puZGwxI2 [edit]
JIGEN 3 says..."Re: kanameさん"
初めて行きましたがゆる~くて(笑 日本の「堅苦しさ」がイヤになり、帰国間際にオレンジの服を着そうになりましたよ(判りますよね??) オクサーンが南国系の顔だからか、「私、ここなら住めるかも!?」って言ってました(笑 タイは何度も来そうな予感、パタヤにも行ってみたいです! 
2017.01.19 00:32 | URL | #- [edit]
kaname says..."オレンジの服…"
私も日本人捨ててました。そして髪の毛、29本…編み込んだまま帰ってきちゃいましたからv-8
2017.01.19 06:34 | URL | #puZGwxI2 [edit]
Heart says...""
サムイ島、
なんか聞いた事のある島だな…と思ったら
母のログブックに20年前に潜った記録が(笑)
タオ島ナンユアン島も。

旅行記読んだら、寒い日本を脱出して
南の島でボケーっとしたくなりました(^^)

2017.01.20 00:23 | URL | #9ddgPdqs [edit]
JIGENー3 says..."Re: Heartさん"
凄い奇遇ですね。アクティブなお母さ様です(笑)
タイはゆる〜くて同じ仏教徒なので、馴染みやすいと思いました。
旅行記読んでもらってありがとうございます。
そして今シンガポール…(笑)
2017.01.20 08:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/1021-8f646140
該当の記事は見つかりませんでした。