JIGEN3の斜に構えた日々-。 

どうなる?不動産

金曜の夜、仕事終わりに家族のもとへ。

P1020079.jpg

さすがに深夜の高速をバイクで走ると体が冷える。
途中、何度もトイレにいった。


さて、今回帰宅した理由は不動産契約のための物件下見である。


A社 : 建築デザインは大本命だが、土地が・・。

B社 : 建物はそこそこだけど、土地物件の数は県下最大。


A社の担当から、「未だ公開されてないおすすめの土地がありますよ。」ということで、営業車に同乗させてもらって3箇所ほど見てきたのだが、、。

「便利で人気のある場所です」

それは十分判っているのだが、いずれの場所も現地での印象は「なんとなく違うな。」というのが、嫁との共通見解。


続いてB社の土地。

さすがに、希望条件を満足する場所を数箇所持っている。
そのうち、造成が完了した直後の土地を嫁と二人で見に行った。

印象は 「文句なし。」

現場に行くと、たまたま近所の人達が近くにいて話をすることができた。


「いや、実はね・・・この道の半分は私の所有地でして・・・ そのことを不動産会社が説明したのかが知りたくて」 

「いえ、聞いてません ‥(;゚艸゚)~!! 」


ジモティ情報を整理すると、

1:土地へつながる2方の道のうち、一方の利便の良い方の道の半分は私有地であること
 (つまり、いつ道がなくなるか判らない)

2:すぐ横の空き家も近々造成される予定であること。

3:造成は人が立てるほど掘って、キッチリ土地改良をしていたとのこと。


そんなことで一時間ほど立ち話をしていると周辺住民が続々と・・。

なんだか我々を観察しにきた様子。
「どんな人がご近所さんになるのか」 それは先住民も気になるところであろう。(笑

まぁ逆に話ができてヨカッタですが。

希望した条件の土地は、どこの不動産屋でも「ない、ない」と言われ、数ヶ月さがしてやっと出てきた土地。
もちろん、この先出てくるかどうかも判らない。

既に数組が購入を検討中で、購入は先着申込み順、とのことで、早速翌朝B社へ出向き、「ご近所さん情報」の事実と今後を確認。そして、ついでに? 購入申し込みをしてきた。

P1020074_1.jpg


なんかあっけない・・・。

わが家の場合、簡単に物事が運んだためしがないぞ。

なんとなく、この話がポシャってしまうような予感もw

「道の件については現在交渉中」とのことで、その如何によっては申込みを破棄できるとのこと。

しばらくは交渉の進展待ち、と相成って、めでたいのかそうでないのか微妙~な状態・・・。



あ、それと自分、オサーン度加算記念日でした。

嫁がメタボ対策の甘くないケーキを作ってくれてました。

P1020068.jpg

完全に忘れてた。 

お祝いしてくれる人がいて happy ♪





スポンサーサイト

Category : 家のこと
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/180-7eb78817
該当の記事は見つかりませんでした。