JIGEN3の斜に構えた日々-。 

ボンネビル アクセルワイヤーの余裕取り

2013.1.5

静岡に戻ってきた。

正月の間、おこたでぐうたら生活してたせいか、
なまけ癖&腰痛が・・。

外は暖かいし、アップも兼ねてボンネビルの小カスタム開始。

バイク弄りは体動かして作業に集中するからチョードイイ!


【今日の作業】

1:アクセルワイヤーの余裕取り ・・・ 作業時間 約40分
2:フロントスプロケット変更    ・・・ 作業時間 約50分
3:センタースタンド ブッシュ向きの修正  ・・・約5分


先ずは アクセルワイヤーの余裕取り から

僕のボンネは、ハンドルを右に目いっぱい切るとエンジン回転があがる・・。

理由は、ハンドルを変えた悪影響。
アクセルワイヤーに余裕がなく、引っ張られた状態になっている。
このままでは断線の懸念もあるので、少し余裕を持たす。

P1030278.jpg

余裕を持たせるため、アクセル、スイッチAssyを前方へ寄せる。
と、当然、写真のようにハンドル端部が少し余る。
バーエンドCAPをつけているので隙間がカッコ悪い・・・から、切ります。
P1030275.jpg


端から15mmほど
P1030277.jpg

自宅から持ってきたパイプカッターでカット。
2回転したら少し刃を出して、
刃を出す位置(角度)を少しずつ変えながら回し、、、を繰り返し。
P1030284.jpg
 
切れた。

反対側も同様にカット。
ヤスリでバリ取りしたあと、バーエンドCAPを付けて
ハンドルの角度を微調整して完了~。


これで、ケーブルに余裕ができ、
ハンドルを目いっぱい切ってもエンジン回転が上がらなくなった。

そして、グリップポジションがセンター寄りになったお陰で、
より運転しやすくなった。

たかが15mmの違いだけど、大きな差。


ところで、
今回使ったパイプカッター、次使うのは○年後?

使った後に刃にCRCを吹いてケースに保存します。
気持ちよく使えるコンディションを保つためのTIPS。


__________________________

センタースタンドのブッシュの向き修正

2012.12.28 記事 に追記。

スリーブ修正













スポンサーサイト

Category : BONNEVILLE
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/247-e5566663
該当の記事は見つかりませんでした。