JIGEN3の斜に構えた日々-。 


島の時間-1

2013.8.19(月)

AM10:05 関空初 → 新石垣空港 JAL便にて。

台風が発生したが、まだフライトに影響はなく定刻出発。

P1050911.jpg


鹿児島上空で、先日、大噴火した桜島の噴煙が見えた。

眼下にコーラルの青い海が見える頃、雲が次第に厚くなっていく。



新石垣空港 → 離島船ターミナルまでバスで移動、
そこからフェリーで30分の離島、小浜島へ。


島の宿は はいむるぶし


P1050986.jpg

天気が悪くてもホテル内で過ごせるように。のつもりだったが、
雨が横殴りに降ってる状況だとさすがにどうしようない。


夕食後、敷地内の大浴場にいる時に雷鳴、直後に停電・・・

真っ暗な海と島。

湯に浸かったままじっと外を見ていると、
遠くに光る稲光が海に反射し、島のシルエットを映し出す。


「そう。これも旅の醍醐味、楽しもう!」




翌朝5時、奇跡的に雨が止んだ。

P1050955.jpg


雲の切れ間に満点の星空が見えた。
恐らく昔の日本はこんな夜空が見えていたんだろうって思いながら。


6時過ぎにやっと明るくなる。
そういえば、ここは日本で一番、夜明けが遅い。



うろうろ散歩していると、
日課の早朝ランニングをしているオクサーンにぶち抜かれる(笑

P1050962.jpg

街灯がない島の道は、あまりにも真っ暗すぎて「見えない」と、ホテルの敷地内を走っている。




ホテルのビーチ。

IMG_4379.jpg


IMG_4374.jpg

静かで自然いっぱいで、そして海の色・・・言葉が出ない。



完全に諦めていた太陽が出て来た。

IMG_4385.jpg

5~10分おきにザーっと降って、カラっと晴れる。
南の島の天気、面白い!!




明日は台風がこの島を通過する。

船が欠航になるだろう。とのことで、
2泊する予定を切り上げ、島を出ることにした。


その前に3時間だけ車を借りて島を散策。

10年前に「ちゅらさん」で有名になったここ小浜島は、人口650人ほどの小さな島。
当然、車なんか走っていない。

道のあちこちに放し飼いの「ひーじゃー」

IMG_4408.jpg


そして、絶景のトウキビ畑、絶景の牧場。

P1050997.jpg


のんびりとした島時間が漂っていて、

またここへ帰ってきたくなる、その理由が判った気がした。



2013.8.21 ただ今、AM2:40分。

石垣島の港近くのホテルにて。

さきほどのNEWSで、石垣島は暴風域に入った と。
ただ、外はいたって静かで雨も降ってない。

今日の昼、台風対策に慣れている島の様子を見ることができた。



また、ゆっくり旅行記を書こう・・・。








スポンサーサイト

Posted by JIGEN 3 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

TAKE says...""
なんと美しい空と海!
ホテルも素敵ですね\(//∇//)\

のんびり島時間…
慣れると東京時間に
適応できなくなります。笑

台風は残念ですが、
一生忘れない旅ですね!
2013.08.22 08:57 | URL | #- [edit]
JIGEN 3 says..."Re: TAKEさん"
ありがとうございます。

なぜここに来ようと思ったのか、自分でも判らないのですが、島の台風、貴重な経験しています(苦笑

海は本当にキレイですね~。晴れればもっとすごいんでしょうけどw

2013.08.22 17:28 | URL | #- [edit]
good freedom says..."No title"
おお!
無事行けたんですね!!

しかし神秘的な美しさですなあ・・・
ああ、羨ましい、石垣方面は行ったことが
無いので必ず行ってみたいです^^
2013.08.23 21:57 | URL | #- [edit]
JIGEN 3 says..."Re: goodfreedomさん"
ありがとうございます。
はい、無事に行けまして・・今日帰ります(苦笑

台風で2日ほどムダにしてしまったのですが、昨日は快晴でした。
これほど天気を気にした旅行は初めてで、太陽の恵みをありがたいと感じましたね。

石垣は今年、新空港ができて直行便がたくさん。
アクセスしやすくなりました。

個人的には石垣と竹富がおすすめ、台風がない時期に…(´・_ゝ`)プッ!

2013.08.24 06:39 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/410-ff206062
該当の記事は見つかりませんでした。