JIGEN3の斜に構えた日々-。 


クラッチカバー、直したった。

日曜お昼、自宅→ひとりんアパートに戻ってきて
先週壊したクラッチカバーの修理。




クロームカバーに交換」 の続き・・

エンジンがかからなかった理由は、
カバー側につけたブリーザーパイプブッシュが
スターターギヤのボルトに干渉してたから。

P1070372.jpg


これが当たって、スターターが回らなかった。

P1070373.jpg

で、いざ外そうと思っても抜けない・・。

ドリルで穴明けて、TAPたてて
ボルトねじ込んで、抜きボルト、、押しボルト・・
びくともしないw

最後の手段で、
穴あけまくって半分に切って破壊。
やっと抜けた。


原因はここの穴径の違い。

P1070390.jpg

購入したピカピカのクラッチカバーは
2005年製から外したモノ、らしい。
僕のボンネビルは2006年製。

2005年製の穴径はφ36mmのテーパー穴。
2006年製の穴径はφ38mmのストレート穴。

つまり、ブリーザパイプブッシュがテーパー穴につかえて
奥まで入りきってなかったっていう、それだけ。

で、このカバーに合う、
2005年製のブリーザパイプを探してみたが、ない。

仕方がないので
新しいブリーザーパイプをエゲレスより購入し、
外径を削ってツライチになるようにはめ込む。

P1070382.jpg


カバーつけて、オイル入れて
エンジンかける → OK!

P1070386.jpg

で、ようやく完了!


今回交換した、ボンネビルのクラッチカバー。

製造年によって
「シフトレバーの軸穴径が違う」
とは聞いてたが、まさか
「ブリーザーパイプブッシュの穴径が違う」とは。

ただ、カバーをピカピカに変えるだけなのに
こんなに苦労するとは思わなんだ。





作業してる最中、
後ろタイヤとチューブが届いた。

P1070392.jpg








スポンサーサイト

Category : BONNEVILLE
Posted by JIGEN 3 on  | 6 comments  0 trackback

6 Comments

ネロ says...""
外車は情報が少ないんでいろいろ大変ですね。
でもちゃんと対処されるあたりは流石です。
僕の無知さ加減では到底無理ですもん。

ピカピカクロームもかっこいいです。
2013.11.10 23:12 | URL | #- [edit]
JIGEN 3 says..."Re: ネロさん"
部品が、車体番号なのか、エンジン番号なのかでいろいろ種類が豊富なようで・・w

今回のこの部分は設計的に不具合なのでは?って思いました。

だって抜け止めの固定方法がない→外れると内部で当たる し、
逆に抜く方法がない→固くて抜けない場合は壊すしかない。っていう。

まぁ・・、直ってよかったです(笑



2013.11.11 00:05 | URL | #- [edit]
とらきち says..."廃車に・・・"
ならなくてよかったですw

ぽんぽん仕様変更しても
ディーラーのイントラでしか情報が見れなく
してあるので・・・やっかいですよね^^;

とらきちは逆パターンを試みたいので
参考になりました・

タイヤ交換チャレンジですか?
ヽ(^。^)ノ
2013.11.11 17:01 | URL | #- [edit]
うちやん says..."No title"
直って良かったね!

私もカバーを変えた時に中々外れなくてパイプの付け根を折ってしまいそうでした。
年式で違うなんて知らなかった。
2013.11.11 22:26 | URL | #/HbjgtQ. [edit]
JIGEN 3 says..."Re: とらきちさん"
やっとの思いで組み付けて、暗い中でエンジンがかからなかったときはさすがにメゲましたよ(苦笑

カバー交換されるときは、
ブリーザーパイプのオイルシール
シフトの軸部のオイルシールを準備しておいたほうがよいです。
熱劣化で固くなってカバー交換後の微妙な位置ズレにシール面が追従しないかも?です。




2013.11.11 23:11 | URL | #- [edit]
JIGEN 3 says..."Re: うちやんさん"
うちやんさんに同じく、パイプ折りそうに・・いや、もう無理やり折った!(苦笑
アルミでしかも細いからポキっといきそうですね。
空気が通るだけなので、パテで固めても問題なさそうですけど。

今回はエゲレスからパーツくるのが早かったです。
これぐらい早いと、また折っても安心ですw
2013.11.11 23:15 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/465-9b5c99fe
該当の記事は見つかりませんでした。