JIGEN3の斜に構えた日々-。 

ボンネビル レギュレータレクチファイヤ交換

本日、バッテリー充電不良が判明し、
レギュレータレクチファイヤを交換した。

P1070481.jpg

結果は良好!

モノはアメリカの会社のmade in china リプロ品。
Electrosport ESR547 Rectifier/Regulator 00-11 Triumph TT600 America Bonneville

P1070463.jpg

念のためにと、
ヤフオクで半年前に落札しておいたもの。
ほぼ新品でたしか¥3,500




最近、ボンネビルの始動性が悪い。
セルがもたついて回っている感じ。
バッテリーは年始に新品に交換したばかりだ。

・・・おかしい。

ということで、
レギュレータレクチファイヤーを交換した。

交換前後のバッテリー電圧を比較してみると

【レクチ交換前】
・キーOFF :12.9V
・アイドリング:14.1V
・2000rpm~ :12.3V ←これがおかしい!

エンジン回転あげると電圧が落ちる。
つまりバッテリーが充電されてない状態。

【レクチ交換後】
・アイドリング:14.2V
・2000rpm~ :14.3V

と、良好に!

アイドリングでもEG回転アップでもほぼ同じ電圧で
「生の」バッテリー電圧より高くなった。


交換前 キーオフ状態:12.9V
充電直後

交換前 アイドリング状態:14.1V
回転ダウン後アイドリング初期

交換前 エンジン2000rpm以上~:12.3V
交換前EG2500rpm以上

↑ おかしい ・・レギュレートしすぎだな。





交換後 アイドリング状態で14.2V
P1070478.jpg

交換後 エンジン回転数2000rpm以上で
P1070477.jpg

電圧は14.3V OK!
交換後2000rpm





交換はソケットの差し替えと、ボルト2本だけ。
P1070472.jpg

左がノーマルの不良品、右が今回交換したリプロ品

P1070475.jpg

レクチが正常かどうか?
調べる方法はエンジンかけて、回転あげたとき
電圧が上がるかどうか。


ちなみに、
HAYNESのサービスマニュアル(P8・26)には、
以下の記述があるだけ。(笑

No test details are available for the regulator rectifier.
If it's possible substitute it with one that is known to be good to see if this cures the problem.



レギュレータレクチファイヤなんてシラネェよ。
まぁ、代用品で具合良くなれば、それって当たりじゃね? 


‥(゚∀゚)アヒャヒャ~













スポンサーサイト

Category : BONNEVILLE
Posted by JIGEN 3 on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

うちやん says..."No title"
私も本日交換しました。
私が購入した物もJIGEN3と同じ物です。

確かに電圧は上がりましたが、回転数によって電圧が上がったり下がったりします。
交換前より+1Vは確実にアップしてますから安心かな?

2013.11.17 18:19 | URL | #/HbjgtQ. [edit]
JIGEN 3 says..."Re: うちやんさん"
回転をあげたときとアイドリング時と、それぞれバッテリーの「生」電圧より高ければいいと思います。
それより低くなると、電熱外すか、はたまた・・・押しがけw

‥(´・_ゝ`)プッ!
2013.11.17 20:15 | URL | #- [edit]
roadmanbo says..."No title"
勉強になりました。
僕もチェックしてみよう!
2013.11.18 20:36 | URL | #AGWdSYDM [edit]
JIGEN 3 says..."Re: roadmanboさん、レクチは"
僕と同じ日に「うちやんさん」も交換されてました(笑

症状が全く同じなので、この電気パーツは(コイルと同じく)いずれ悪くなるんだと思います。

先日、八王子のホテルで朝エンジンがかからなくて困りました。
出先のトラブル対策として早めに交換したほうが良さそうですね。





2013.11.18 23:55 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/471-cf1949e0
該当の記事は見つかりませんでした。