JIGEN3の斜に構えた日々-。 

Return to innocence / 無垢への回帰

ズバリ!

tweet.jpg

子供は無垢で直観で、
大人をドキっとさせる。






時間に追われて
会社を往復するだけの毎日が過ぎていく。
と、
また、ふらりとどっかに行きたくなる。




「旅」 と聞いたら、
まずどんな場所を想像しますか?

リゾート?
史跡?


僕の場合は、
見渡す限り何もないような、
そんな場所。

何にもないのに何が面白いのか? と。





今年の夏に行った、
西オーストラリアの北部
ニンガルーリーフへのアクセスロード。

DSCN0344 - コピー

周囲100kmに人は住んでいない。



この道をしばらく行くと、
放牧で野生化したと思われる牛の群れが
土けむりをあげて一斉に走っていった。
が、
立派なツノの雄が一頭、
じっとこちら見て一定の距離で立っている。

写真を撮ろうと車から降りると、
「ブフーっ!」
と息を吐いて威嚇してきた。



 (;゜;ж;゜; ) ゴクリ・・。



間違ってもこれ以上は近づけない、
そんな雰囲気。

あんなのに突っ込まれたら・・

かなり不安な状況だったが、
これこそが無垢な自然に身を置く醍醐味。




-360°地平線-


写真の通り、何にもない無垢の世界。
だけど落ち着く。

自分の前世は
砂漠に居た人だったんじゃないか?と思うぐらい、
とっても。





アリ塚がポコポコと立っている、
不思議な光景だった。

DSCN0347.jpg

ワイルドフラワーが満開で、
風の音しか聞こえない。

じっと聞いていたい。



エニグマのReturn to innocence は心のBGM。




多分、数10年後にここへ行っても
同じ景色が広がっているのだろう。


写真を見ながらその情景をはっきりと思い出し、
また、行きたくなった。




スポンサーサイト

Category : 行きたい場所
Posted by JIGEN 3 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ししざる says...""
懐かしき曲(^^)
この曲となら独りで走り続けれるかも。

(^^)
2014.12.05 22:10 | URL | #RdrASfiE [edit]
JIGEN 3 says..."Re: ししざるさん"
地平線の荒野にとっても合う曲でした。
旅行に行くときに音楽も持っていくと、とてもいいですね
2014.12.08 08:10 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/688-a1bc96fc
該当の記事は見つかりませんでした。