JIGEN3の斜に構えた日々-。 

英検の日に思う

今日は息子の英検の日

いつもよりちょっとだけ早く起きて、予習してから出発。

試験会場は高台にある学校。
細いくねくね道で、しかもナビに嘘つかれちょっと迷った。
校内はひんやり底冷え。
来年度から小学校での英語が必須になることもあって、受験する子供は増えている。

IMG_0581.jpg


鉛筆・・・転がし なう(^_^;)

IMG_0559_1.jpg

息子が真面目に転がしている解いている間、ちょっと考えた。

メディアの報道によれば、若者に海外勤務について質問すると
「いやぁ、勘弁して欲しいッス」が7割、できれば国内に留まりたい派を入れると8割超えるそうな。

しかし本当にそうなのだろうか?

実際、オレっちの会社の若者は海外に出て行きたがっている。逆に国内にやりがいの場を見出せなくなったなら海外で力を試したいと、仕事を通して自己実現の欲求がある。

草食系とか言われるけど、食べてるのはほうれんそうッスよ!とでも言いたそうな?

う~ん・・・、どっちが正解なんだ?
完全に2極化(もともと2択だが)しているのか、メディアの情報が偏っているのか?

個人的に思っているのは、「子供は近くにいて欲しい」との親の都合で子供達の世界を狭めたりしていないかどうか。
国外へ出て行くという前提で教育を受けていない世代。
その子供達の未来は、完全に国外に向かっている。
変わるべきは我々自身だろうなぁ。

IMG_0568.jpg
ここで今受験している子供達は、なんの為にしているんだろう。
いい学校に入るためだろうか?
ま、理由が何であれ語学はやって損はないけど。この狭い教室からやがて世界へ羽ばたけ。


秋元康氏が言っていた。
「子供は親のリベンジではない」
確かにその通り。
そして親の面倒見役でもないんだから、思った道を進んでくれればいいなぁと。


帰り路、モスでランチしながら自己採点。

IMG_0587_1.jpg


いやぁ、モスで¥2,000も使っちまった・・・。
(いや、そこ、聞いてねぇww)





スポンサーサイト

Category : ENGLISH
Posted by JIGEN 3 on  | 2 comments  0 trackback

2 Comments

ポロミル says..."家もです。"
土曜日に受けてました。
第1回と2回はここで受けられるんですが、
3回目はロンドンまで行かなくてはなりません。

高い出費だ!!なので、私は家でお留守番。

ここの試験では問題を持ち帰れないので
(海外版だから??)
自己採点はできませんが、二人とも
玉砕です。合格点が低かったとしても
だめだと思うと言っておりました。

家の子も海外で働きたくないそうです。
日本の企業に勤めて、出張や短期滞在で
海外とかかわりたいそうです。

私はできれば一人くらい国際結婚
して欲しいんだけど…。

だって、遊びに行けるじゃないですか…。

はっ!!“子供は親のリベンジじゃない”んですよね。
反省!!!!!
2011.01.24 04:37 | URL | #- [edit]
JIGEN3 says..."No title"
ハハハ(^^♪ 
何だか共感しましたー!

国際結婚、海外挙式、海外居住・・なんでもwelcome!!
当事者より親のほうが喜んでたりして。

息子はどこでも行くって言ってますが、案外さびしがりなんでこの先どう育つかなぁ。
羽ばたいて欲しいナァ。←これは希望、、、です(笑
2011.01.25 21:25 | URL | #Zr2/WiYY [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/7-da5cb236
該当の記事は見つかりませんでした。