JIGEN3の斜に構えた日々-。 


ルーブル美術館

世界最大級で、
世界一有名な美術品を展示している
P1110732.jpg

館内は広すぎて
地図を持って回ったが、それでも迷った。




映画 「ダ・ビンチ・コード」のクライマックス。
ルーブルの逆ピラミッド。
IMG_9544.jpg

「マグラダのマリアの棺がここに・・?」の所だ。



知らなかったが、
ここの地下にはショッピングセンターがあって、
アップルストアやM’cもある。





入場時はカバンのチェックをしてスルーパス。

こちらのパスを日本で手配して持って行った。
IMG_9431.jpg

各美術館や教会、ベルサイユ宮殿でも使える。

パス保持者用の専用入口があり、
チケット売り場の長ーい行列に並ばなくていい。
時間の節約。





教科書で一度は見た絵画や彫刻。

絵のスケール感が判るように、
わざとひいて撮ったのもある。

P1110751.jpg


P1110745.jpg


レースを編む女 /フェルメール
P1110737.jpg


ディナー アッ!
P1110752.jpg

P1110753.jpg


DENNERの絵はリアルすぎて
今、この絵から出てきそうな
P1110746.jpg



ちっぱいモデル
P1110748.jpg

ちちくりまんぼ
P1110754.jpg


ダイヤのエースを持ついかさま師/ジョルジュ・ド・ラトゥール
P1110755.jpg



ナイキのモデル
『サモトラケのニケ』 /作者不明
P1110771.jpg


P1110766.jpg



ルーブル最大の絵画
『皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式』 /ジャック・ルイ・ダヴィッド
P1110774.jpg



見ろのビーナス/作者不明
P1110788.jpg



民衆を導く自由の女神/ドラクロワ
P1110780.jpg

P1110783.jpg

P1110782.jpg

また、やってる(笑






マリーアントワネットの部屋

P1110764.jpg

純金のカトラリー
P1110761.jpg

ダイヤだらけの宝石箱(笑
P1110759.jpg

悪政により、フランス革命が勃発。
夫のルイ16世と同じく
コンコルド広場でギロチン処刑にされる。


そもそもアントワネットは
香水・ファッション・美食(菓子)など文化を、
オーストリアから持ち込み
今のフランスブランドを築いた張本人でもある。
(以上、オクサーン情報)





たくさんの作品を一度に見過ぎて、満腹。


絵の裏側まで見えた気がして
少々気持ち悪くなってしまった。



小学校の低学年までは絵を描くのが好きだった。
写生に行って、一人だけ違う絵をかいて(笑
ほめられ、おだてられ、
才能の8割は人が育てるものだと思う。


大人になるにつれ、
これはやるな、こうしなさい、 
と、制約が多くなって楽しくなくなり、
筆を持つのも嫌いになった。


ゴッホやピカソがなぜ有名なのかといえば、
それは彼らが描きたい絵を
自由に書いていたからだと思う。



ゲージツとはすなわち、
自分の感性をいかに貫くか、
かっこいいと思うものを追及する魂。


するとそのうち、
「それが良い」と評価する人が多くなって
有名になるのだ。




この絵だけは壁に一枚、
しかもガラス張りの展示。

P1110777.jpg

ちっさっ!

5852d3b0ccbe041_l.jpg


ダビンチは間違いなく「天才」だ。











スポンサーサイト

Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/756-da79de87
該当の記事は見つかりませんでした。