JIGEN3の斜に構えた日々-。 


残すもの伝えること

対震強度がない。という理由で
最新のビルに引っ越した。

事務所→オフィスに変わり、
静かすぎてせんべいも食えない。(笑
昔ながらの雑然とした雰囲気が懐かしい。

4年間、お世話になりました。
IMG_3797.jpg









新オフィスに持っていく書類は最低限にする。

IMG_3790.jpg

もう撤退した事業のファイルやら、
大昔の検討資料やら。



そうだよ。
こうやって、手計算でレポートを書いて、
表やグラフを作っていた。
IMG_3791.jpg


昔のPCは専用机に乗っかったデッカイ箱で、
各課に1台しかない高級品。
せいぜい伝票処理にしか使ってないし、
文書や図面のやり取りはFAXか封筒だった。


入社して数年目のある日、
さっき作ったばかりの「一太郎」の文書や図面が
電子メールで一瞬で送れた時の感動は忘れない。




捨てるには忍びない、懐かしい「文字」だよ。
IMG_3792.jpg

お世話になった恩師の
手書きレポが出てきて見入ってしまった。

今じゃぁ計算も図も表もPCで簡単に書いて修正できるが。
効率の悪い時代には、
深夜まで普通に事務所にいて、
目前の課題を解決するのに必死だった。


その恩師は 昨年亡くなった。 と、風の便りで聞いた。







津波、地震、そして噴火。

IMG_3722.jpg

ここ静岡にきて
くるぞ、くるぞ、と言われる毎日。

日本に住んでる限り、いつかはあなたも被災者。
日頃から備えていれば、
誰かを助けることもできる。


阪神、東海、そして熊本。
僕らの世代は、たくさんの災害を経験した、
いわば貴重な世代とも言えるのではないか。


後世に何を伝えておくべきか?
って、最近特に思うわけです。



スポンサーサイト

Category : 日記
Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/905-49e084c6
該当の記事は見つかりませんでした。