JIGEN3の斜に構えた日々-。 


ニュージーランド キャンパーバンの旅

赤道の向こうは 深まりゆく秋-。

P11302_lk35.jpg



GWに、かねてから念願だったニュージーランド(北島)へ。

チープトリップ withオクサーン
キャンパーバンを借りての放浪旅。

P1130383.jpg



総走行距離:1,075km
1人当たりの費用は15万円弱。
ツアー料金の半額以下だ。

P113024_lk9.jpg

公共の交通手段は乏しく、
この国を安く、効率良くまわるには
キャンパーバンはベストな手段と思った。

ただし、全てが自己責任だけれど。

P113041_lk4.jpg




I'd like to stay at the power-site tonight, for 2persons.
but Do you have any vacancy ?
「今晩、パワー(電源付き)サイトは空いてるか?」

P1130384.jpg

毎日、200-300km移動して、
日暮れ前にホリデーパーク(キャンプ場のような所)にイン。

町のスーパーで食材を買い、
IMG_4539.jpg


パーク内のキッチンで料理し、そこで食べる。


P1130286.jpg


水は清潔で日本人の身体に合う (←外国ではここ大事)

P1130284.jpg





現地や各国のツアラーと交流し、
圧倒的な自然のパワーと文化を経験してきた。

P1130310.jpg


P113035_lk9.jpg



毎朝、鳥のさえずりで目が覚め、
しっかりご飯を食べ、
1~4時間のトレッキングコースを歩く。
かなり健康的な旅だった。


P1130307.jpg

P1130320.jpg

P1130245.jpg

P1130304.jpg




NZ国の人口は東京の1/3しかない。

人間が少ない=自然が豊富ってことで、
国立公園もビーチも、街もとっても綺麗だけど、
どこへ行っても空いている。


アジア系の人は多いが、日本人には1人も会わなかった。


P1130378.jpg

いつも思うが、
欧米圏では休日を楽しむことはライフワークの一部であり、
このための設備が充実している。

ホリデーは「個人の権利」、
申し訳なく休暇を取るどこかの国と違って、
誰もその権利に干渉しないっていう文化だ。

素晴らしい。
P113042_lk9.jpg




【行程】
5/1 オークランド市内 アパート泊
5/2  ロトルア ブルーレイクホリデーパーク泊
5/3  タウポ  ホリデーパーク泊
5/4  ワイトモ ホリデーパーク泊
5/5  マンガヌイ ビーチサイドHP 1泊
5/6  オークランド発

【費用】
・中国南方航空往復:96,000円/1人
・キャンパーバン5日間:39,000円
・Road User Charge:5,500円/1,075km
・食費2人分:140$(約10,500円)
・パーク宿泊費:13,400円/4泊
・給油3回: 8,300円/112L diesel
・入場料:
  ワイマング渓谷 37$/人
  オークランドZOO 28$/人
  ワイトモGLOWWARM cave 49$/人
・SKYBUS:空港-市内往復28$/人
・MOTROLINKBUS:市内-動物園往復9$/人
(レートは1NZ$=76円で計算)


滞在中、お天気には恵まれた。

P11304_lk13.jpg


以上、旅行記は別途。


スポンサーサイト

Posted by JIGEN 3 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://jigenthird.blog24.fc2.com/tb.php/908-ac13d12e
該当の記事は見つかりませんでした。